« 2010年9月 | トップページ | 2011年6月 »

ナオユキ・寒空はだか ほうろうでライブ ふたたび

ナオユキ・寒空はだか ほうろうでライブ ふたたび
ナオユキ・寒空はだか ほうろうでライブ ふたたび
ナオユキ・寒空はだか ほうろうでライブ ふたたび
ナオユキ・寒空はだか ほうろうでライブ ふたたび

2011/04/14(木)
千駄木 古書ほうろう

寒空はだか:スタンダップコミック
ナオユキ:実話漫談


―――
実は特盛より先に行くことを決めていたライブ。
R-1ファイナリスト・ナオユキさん、我が家で絶大な人気を誇る東京タワーの人・寒空はだかさんの二人会。
いやぁ、面白かった。
面白いに違いないと思っていたけれども、遥かに超えて面白かった。

はだかさんは地震や原発などに触れつつ歌う感じ。
何年ぶりかで、東京タワーの歌を生で聴けました。
そしてまさかの、スカイツリーの歌!
多少期待はあったけど、難しいかなぁなんて、はだかさんを侮ってました。
はだかさん、ごめんなさい。
スカイツリーの歌、めちゃくちゃ面白かったです。
言葉遊びの天才ですね。
喋りも素晴らしいし、ギターの調子もかなり良かったです。
千駄木のスーパースターですね。

ナオユキさんは、今日はなんと実話のみだそうです。
最初普通に喋り出した時、特盛のようにシュッとネタに入っていくのかなと思ったんですが、ずーっと普通のトーン。
どうやら実話を喋る部分の調子がすごく良かったらしく、そのままネタに入らずに進んでしまったようです。
その話がまためちゃくちゃ面白くて、笑い過ぎてお腹が痛くなりました。
ナオユキさんは実はピン歴はそれほど長くないんですね。
コンビで17年、ピンで4年って言ってたかな。
コンビのネタがどんなものだったか観てみたいです。
子供の頃の話、お父さん・お母さんの話が特に面白かったなぁ。
DNA活性化しまくってたと思います。
第三回があったら是非行きたいですね。

終演後、ナオユキさんのCDを購入しサインも頂きました。
そして名前を書く時に「るちあ〜のくんへ」と口に出して下さり、天にも昇る気分でした。
ナオユキさんの口から「るちあ〜の」なんて単語が出てくるなんて夢にも思いませんでしたからね。
財布の関係ではだかさんのCDは買えませんでしたが、はだかさんとも少しお話をさせて頂き、我が家での人気を報告してみました。

今日は本当に幸せな日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナオユキ特盛3

ナオユキ特盛3
ナオユキ特盛3〜ナオユキ一門会!?〜
2011/04/10(日)
中野Vスタジオ

<前説>
西村、大村小町

<ネタ>
ナオユキ:漫談
西村:漫談
大村小町:漫談「劣等感、テレビ番組、英語の授業」
ナオユキ:漫談


―――
久々の特盛!
面白かったわぁ。
ナオユキさんと西村さんは内容が多岐にわたるからタイトルがつけられないね。

ナオユキさんのネタは街の風景系、酔っ払い系、人生観系とかにわければいいかな。
モウ、ひねくれた感がたまらない。
でも何か元気づけられる。
とても面白かったです。

西村さんのネタもひねくれ感は似てるかな。
テンポが全く違うから、受ける印象も全く違うけど、ひねくれ方が似てる(笑)
単発のネタとパッケージ化されたネタが入り混じる感じも自然さが感じられて面白みが増すのかも。

小町のネタはアリネタ2つの間に新ネタ。
新ネタ、テレビ向けでは無い気がするけど、イイねぇ。
小町自身の考えを入れるという劣等感ネタの良いところを上手く継承できてると思う。
あと、英語ネタで長文を読んだのはすごく良かった。
英文をパッと見せられてその意味まで理解するのって私には難しいんだけど、読んでくれることでなんとなく意味がわかる。
その上で秋田弁訳された方がやっぱり面白さが増した。
ただlesson2が未だに違和感があるんだけどねぇ。

全体的には、とても面白い良いライブだと思います。
是非次回にも期待したいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年6月 »