« 2009年6月 | トップページ | 2010年7月 »

CON-TIC SHOW vol.7 ~Rock'n'Roll~

CON-TIC SHOW vol.7 ~Rock'n'Roll~
2009/09/20(日)
しもきた空間リバティ

出演:CON-TIC

毎回楽しみにしているCON-TIC単独ライブ。
テーマがRock'n'Rollってことでどんな作品が出てくるかと思ったら、まさかのグレープ田無。
そして、ある意味で長編コント。
お笑いライブだけどチョッと感動。
ヤバいなぁ。
CON-TIC、まだまだ広がって行きそうだ。
やっぱり女子高生はツボですわ。
次回は再演スペシャル。
あれ、観れるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナオユキ特盛

ナオユキ特盛
2009/09/01(火)
新宿ゴールデン街劇場

前MC:梅猿

サン・ブリフターズ:コント「ブリーフ」

梅猿:漫才「元ボクサー」

ナオユキ:漫談

中MC:梅猿

小町:漫談「秋田観光スポット、残念な日本一、秋田のはずかしい話」

ナオユキ:漫談

エンディング

―――
かなり前から小町に薦められていたナオユキさんのネタが併せて一時間も観れるということで、新宿ゴールデン街劇場に。
いやぁ面白かった。
小町に幾度となく薦められていたにも関わらず一度も観たことが無かったナオユキさん。
もっと早く観ときゃよかった。
失礼だけれど、あんなに面白いとは思わなかった。
なんだ、あの巧みさは。
オチが読めなくてもワクワクするし、オチが読めてもワクワクする。
言葉の選び方、言い方、間。
ナオユキさんの存在全てが笑いを湧き立たせる。
どんどん引き込まれていって、笑いが止まらなかった。
すごかったぁ。
いやぁ、私も年取ったな。←

他の出演者の方々。
サン・ブリフターズ。
シュールなコント的なもの。
静かなる虹の黄昏?
汚れた緑LOVE?
コイツら、ずっとくっだらない事ばっかり考えているんだろうな(←良い意味で)と思わせる。
アクシデントに動じないところもホンモノを感じた。
CON-TICのライブに出てもらいたい。
確実に好き嫌いは分かれるだろうけど。
梅猿さんは若さを感じたね。以上。(笑)
小町。
中身は過去のネタから良いものをピックアップしてきたものだから、安定している。
各ネタのつなぎ方がすごい良かった。
タイムキーパーさんがいたから上手く調整できたように言っていたけど、調整できるところがすごい。
単純に途中を端折るだけじゃなく、つながってたように見えて実は端折ってましたってのがすごい。
ナオユキさん休憩中の箸休めとして、テンションを下げさせず、空気を乱さず、お客さんが笑いながら次に向かえるようにする、その役割をしっかりと果たせていたと思う。
クマのくだりは残念だったけど(オチを先に言ってしまった)、総評としては上出来だったと思う。
あとは新ネタに向けて「ネタ作りの方法」を考えていけばいいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2010年7月 »