« お笑いライブXバトル | トップページ | アジアンポシェット »

なりあがり2005

2005/11/10(木)
渋谷シアターD
MC:村田渚、島根さだよし

<3分ネタ1>
大北じゅんや:コント「こんにゃく普及課イベント」(18)
ばんびのゾム:漫才「新しい仕事」(8)
三次元:コント「交通事故」(6)
イノシマ・小松崎:漫才「プロポーズ」(10)

<1分コーナー>
まいぱん:漫談「校則」
ホラガラス:漫才「相撲とりたい」
インプロモーティブ:ワンボイス「カレー」
ソバウドン:コント「少年院」
デザインコンビ本田まさゆき:漫談「最近の出来事」
緑LOVE:コント「ヒゲダンス」

<3分ネタ2>
やまちゃん:モノマネ「マネビアの泉」(8)
勇者の森:コント「火事です」(19)
ロケットダッシュ:欠席
竹森千人:コント「節分の豆まき大会」(16)
*()内は得票数

今日はばんびのゾム目当てでしたが、チョッとしたサプライズがありました。
その話は後にして、まずはライブの説明。
観客の投票によるバトル形式の3分ネタのコーナーと、真ん中にネタ見せでソコソコ良かった方々の1分ネタのコーナーがありました。
このライブに出演できるのはフリーの芸人オンリーらしいです。
さて、3分ネタで面白かったのは、ばんびのゾムと勇者の森。
勇者の森は芸人になって初舞台で優勝という快挙を成し遂げました。
ネタはしっかり作り込まれたコントで、分かりやすい感じでした。
初舞台にしてはスゴい良くできたネタだったのでご祝儀票が多かったのかもしれません。
ばんびのゾムは票は伸びませんでしたが、ネタの内容がガラッと変わっていて、しかも面白くて、サスガって感じです。
ただ、オチが弱めだったかなぁ。
まぁ時間の関係上、仕方無かった感もありますが、それが伝わっちゃったのかも。
さてさて、サプライズのお話。
出演者を見て分かる人は分かるでしょうが、1分ネタに私のマイミクさんでもあるさやかさん率いるインプロモーティブが出演しました。
昨日の時点で「インプロモーティブ」という名前の出演者が居るのは分かっていましたが、インプロモーティブのミクシィのコミュや公式サイトには何も告知されてないし、たまたま同じ名前って事もあるかと半信半偽でした。
でも、Dに着いてもらったビラを見たら、見たことのあるキャラクターが!
思わず共通の知人にメールしちゃいました。
ネタの方はインプロのゲームのひとつのワンボイスというもので、観客の一人からもらったカレーというお題を元に、即興で5人のメンバーが同じセリフ、同じ動作を同時に行うというものでした。
これは楽しかったです。
インプロって本当に楽しいなぁと思いました。
でも、楽しいと面白いは同じ笑いを伴うものでも別物。
お笑いライブに出るからにはボケ・ツッコミ・オチといった要素がなくては観客にはなかなか受け入れられません。
多分、今日のお客さんはインプロモーティブのネタを観ても「お笑い」として笑ってはいなかったのではないでしょうか。
これからもお笑いライブに挑戦していくつもりなら、ソコがインプロモーティブの課題ですね。
そんなこんなで、長くなりましたが、今日の写真は告知で壊れるばんびちゃん。
051110_205401.jpg

|

« お笑いライブXバトル | トップページ | アジアンポシェット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16861/7025394

この記事へのトラックバック一覧です: なりあがり2005:

« お笑いライブXバトル | トップページ | アジアンポシェット »