« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

第209回 ラ・ママ新人コント大会

2004/10/29(金)
渋谷La.mama

<一本ネタ1>
5番6番:漫才「テレビがパワーアップ」
ビーム:コント「妻のお父さん」
さくらんぼブービー:ショートコント
POISON GIRL BAND:漫才「オリンピック(女子マラソン 野口選手はすごい)」
ハレルヤ:主任コント「スピーチ」
江戸むらさき:ショートコント

<準一本ネタ>
ドリンク:漫才「災害への備え」
ななめ45°:コント「トップモデルのコラボ」
星野卓也:フリップ「ありえない記念日」

<コーラスライン>
(○合格 ×失格)
ランダンプレイ(○1):コント「鮪と鰯」
俺のバカ(×):漫才?「騙されるな」
川村エミコ(×):一人コント「自由研究」
メロンソーダ(○9):漫才「老人に優しく」
荒木巴(○0):大道芸&漫談「~の不思議」
原田16才(○5):一人コント「彼女が口紅を」
スシドラゴン(○4):コント「誕生日に父が手術」

<一本ネタ2>
インスタントジョンソン:コント「教習所のヤンキー」
スピードワゴン:漫才「漫才なんか嫌い~風邪薬の注意事項」

---
MC:渡辺正行(コント赤信号)
コーラスラインコメンテーター:植竹公和(お笑い放送作家)
コーラスラインアシスタント:坪井志津香(元ノーボトム!)
前説:オキシジェン

今回はなんと言ってもお皿の国のサラダ姫、荒木巴姫でしょう!
初めて生で見たのが笑ゥ噴水
それからしばらく間が開いた後「ライブには行かないのに公式HPに入り浸り」というパペさんや花組さんの時と同じようなハマり方をして、ついに再会(笑)しました。
今回の大道芸はシェイカーカップ&チキンマン。
「お笑い」を見に来ているLa.mamaのお客さんにどれだけ通用するものかと心配もしましたが、見事に×0票で合格しました。
リーダーも「今までどこに隠れてたの?」と大絶賛でした。
ライブ後に少しお話もしたのですが、新人コントのネタ見せって一般応募の場合は半年待ちらしいですよ。
かの有名なネタ番組のプロデューサの目にも留まったらしく、メジャーデビューもモウすぐかも?
他に印象に残ったのは、スピワのハーバリーサーバリーかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み!夏祭り!フレッシュお笑い芸人大集合!!(再)

まとめ更新すると固定リンクがうまく設定できないみたいなので再掲載。
=====

2004/08/03(火)
上野不忍池 水上音楽堂

<オープニング>
遅刻したので見てません(汗)
<ネタ>
ホーム・チーム(マセキ芸能社):漫才「ドキドキした事→告白」
エレキコミック(トゥインクルコーポレーション):コント「生徒会立候補演説」
ダイノジ(吉本興業):漫才「ドッキリレポーターになりたい」他
モジモジハンター(ニュースタッフエージェンシー):ショートコント「日焼け止め、誘拐、避難訓練、警察犬チロ」
星野卓也(マセキ芸能社):フリップ「ありえない記念日ベスト3」
レッドキング。(オフィス★怪人社):マジック
名刀長塚(大川豊興業):オカリナ漫談コセイユタカ
こんらんチョップ(マセキ芸能社):コント「おみくじがあたらない」
ユリオカ超特Q(アッシュ・アンド・ディ・コーポレーション):漫談
磁石(サワズカンパニー):漫才「子供が欲しい」
きぐるみピエロ(マセキ芸能社):コント「ケニー小林のパントマイム教室」
5番6番(タイタン):時事漫才
キングオブコメディ(人力舎):コント「タレントオーディション」
ナイツ(マセキ芸能社):漫才「若者の言葉使い」
スマイリーキクチ(太田プロダクション):観察ネタ
ハレルヤ(マセキ芸能社):主任コント「結婚式のスピーチ」
流れ星(浅井企画):漫才「居酒屋」「映画監督がCMを撮ったら」
ビックスモールン(ケイダッシュ):ボディアート
ヒロシ(サンミュージック):いつもの愚痴
インスタントジョンソン(太田プロダクション):コント「自殺選手権」
パペットマペット:ショートコント
 暑苦しい格好
 <四字熟語ショートコント>
 ☆一攫千金 ☆一家団欒 ☆四六時中 ☆一刀両断 ☆一網打尽 ☆完全燃焼 ☆被害妄想
 ☆弱肉強食 ☆中途半端 ☆愉快痛快 ☆気分転換 ☆電光石火
 <ショートコント>
 ☆けっとう ☆左ストレート ☆エリート ☆題材 ☆出遅れ ☆声変わり ☆手術 ☆新撰組
江戸むらさき(ホリプロコム):ショートコント
三拍子(サンミュージック):漫才&コント「銀行強盗」
バカリズム(マセキ芸能社):コント「ロボットだろ?」
OverDrive(松竹芸能):漫才「ストレス発散」
アンガールズ(ワタナベエンターテインメント):コント「ビリヤード教室」
あばれヌンチャク(石井光三オフィス):漫才「人の役に立ちたい→医者RPG」
飛石連休(サンミュージック):漫才「敬語が使えない」
マギー審司(マセキ芸能社):マジック
キャン×キャン(ヴィジョン・ファクトリー):漫才「イライラする事」

今年もスゴイ。30組!
意外とパペさん長くて嬉しかった♪
5番6番、マギー審司、キャン×キャンの3組のネタの中にもパペさん登場(笑)
一番笑ったのはバカリズムでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »