« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

第202回 ラ・ママ新人コント大会

2004/03/26(金)
渋谷La.mama
<一本ネタ1>
ダーリンハニー:コント「ショップ店員と怪しい客」
東京03:コント「バードウォッチング」
火災報知器:コント「迷子」
ダブルブッキング:コント「引っ越そうとしてる?」
バカリズム:コント「杉山清貴」
カンニング:漫才「彼女とのなれ初め」
<コーラスライン>
(○合格)
こんらんチョップ:コント「再婚相手」
キャラメルクラッチ:コント「宴会芸」
ヤポンスキー:漫才?「トリオ結成?」
オキシジェン:漫才「最近の子供」
スパルタ教育(○):スケッチブック「中国語」「ペット探し」
ななめ45°:コント「一般人の中の一般人」
末吉くん:キャラもの「男気」
5番6番(○):漫才
ゆうえんち:コント
<一本ネタ2>
号泣:漫才「子供の頃の遊び」
ユリオカ超特Q:さかさことば
スピードワゴン:漫才「山登り」
---
MC:渡辺正行(コント赤信号)
コーラスラインアシスタント:坪井志津香(元ノーボトム!)
前説:Aランチ

今回はだいたい普通に面白かったって印象。
注目は元サボテン21号のサボテン小林さんのコンビ、ヤポンスキーでした。
ネタはサボテン21号の使いまわしらしいですが、どうもスケッチブックが生きてない感じでした。
あばれのようにスケッチブック内にネタを書くタイプではなく、スケッチブック内のキャラとネタをやるというシチュエーションだったようですが、スケッチブック内のキャラは小林さんに動かされているだけに見えてしまって、3人(2人と1匹)には見えませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フロッグスタイル大作戦

言わずと知れたフロッグスタイル
かなり癒されちゃいます。
001
↑フロッグスタイルグミ
初めて出会ったフロッグスタイル。
その存在に気付いた時には時既に遅く、5種類しか集まりませんでした。
最近このコ達はフロッグスタイルビスケットとして出てるみたいです。
ちなみに第2弾も発売されましたが、そのコ達は↑の公式には載ってません。


002
↑フロッグスタイルコレクションVOL.4
酔ったイキオイで渋谷センター街のガシャポンショップにて購入。
このシリーズは同僚が集めてたので、私は集めませんでした。

003
↑フロッグスタイルコレクションVOL.5
よいどれSHOUCHU FROG欲しさに頑張っちゃいました。
が、何とSHOUCHU FROG以外が全て揃ってしまうという結末に・・・。

004
↑フロッグスタイルジュエリー
たまたま7-11で発見。
ジュエリーって言ってもプニプニしたゴムっぽいコです。
そのコも↑の公式には載ってません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の・・・宝の持ち腐れ

MEA212AS
一年くらい使ってなかったMP3プレイヤー。
最近、お気に入りのアーティストの曲が手に入ったので引っ張り出してみました。
が!
コイツ、PCとUSB接続しないと曲を入れ替えられないのに、専用のドライバソフトが無い!!!
部屋中探しても見つからず、ネットでも落とせそうにない。
今、コイツに入ってるのはDISSIDENTENと言うワールド×トランス系グループの曲。
寿命が来るまでコイツはずっとインドな曲を奏で続けるのでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の・・・小さなストレス

信号待ちをしてたら 後ろから来たヒトが普通に信号無視。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

sentence...

一見、イケメン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古寺チハル

001
アコギ弾き語りの超カッコイイ女性です♪
力強い歌声とストレートな歌詞は思いっきり心に響きます。
公式サイトからリンクを辿れば2曲ほどフルフルで歌も聴けるし、携帯なら着メロもあります。
でも、やっぱり生です。
公式サイトにはライブ情報が掲載されてますので、是非生で心に響くコデチの歌&演奏を聴いてみて下さい!

  • 公式サイト
  • とも@コデチStaさんのファンサイト

    [コデチ's Photo Gallery]
    2004.05.23 渋谷路上[/]
    2004.05.30 渋谷路上[/]
    2004.06.13 四谷天窓[/]
    2004.06.20 渋谷路上[/]
    2004.06.27 赤羽路上[/]
    2004.07.11 渋谷路上[/]

  • | | コメント (0) | トラックバック (1)

    今日の・・・いいヒトぶり

    浅草から歩いて帰ってくる途中、モウあと1分も歩けば家って場所でおじさんに話し掛けられた。
    60はいってないかなぁという感じで、この寒いのに薄手のウィンドブレーカー。
    「浅草はどっちですかねぇ」
    とかなり訛った感じで聞いてくる。
    「え?浅草ですか?」
    と聞き返すと、
    「はい。上野行きたいんですけど、浅草行けば分かるって言われたんで…」
    (いやいや、浅草に行ったからってすぐに上野に行ける訳じゃないぞ)
    内心そう思いつつ、
    「浅草ならこの道をまっすぐ行ってスーパーの角を右に曲がれば行けますよ」
    とかなりいいかげんに答える。
    実際、その”スーパーの角”っていうのは五叉路になっていて、私の説明じゃ到底分からない。
    まぁ、分からなければ誰かに道を聞くだろうと思いおじさんと別れたが、やはり気になる。
    そして何を思ったか、家の前まで来てUターン。
    おじさんの後を追いかける。
    案の定、おじさんはスーパーの前でキョロキョロしていた。
    「上野まで行くんですよね?」
    駆け寄って声をかけるとおじさんは驚いた様子。
    「上野までまっすぐ行けるトコロまで案内しますよ」
    (私は何を言ってるんだろう、モウ夜中の1時だぞ、明日も早いんだぞ)
    そして二人は浅草ではなく上野を目指して歩きt出す。
    するとおじさんが突然口を開く。
    「私ね、ホームレスなんですよ、新米のホームレス」
    (新米って(^ ^;A )
    「糖尿病で救急車に運ばれたですよ。でも帰りは歩いて帰れって言うもんでね」
    びっくりである。
    上野のホームレスが救急車で病院に運ばれたが、上野に戻る金が無いから歩いてカエルところだったのだ。
    話しを聞いてみると、救急隊員から
    「この道をまっすぐ行って浅草通りに出たら左に曲がると『上野→』という看板が出てるから看板の通りに行けばよい」
    と説明されたよう。
    確かに合っている。でもおじさんの脳ではこんな意味不明な解釈がなされていたよう。
    「浅草通り=浅草」+「上野、浅草=台東区」=「浅草に行けば上野に行ける」
    まぁ、否定するのもかわいそうなのでそこは何も言わず、おじさんのホールレス歴などを聞きながら上野まで一本で行けるトコロまで歩いて行った。
    「この道をまっすぐ行けば上野に着きますから」
    「わざわざありがとうございました」
    「気をつけて下さいね」
    そんなやり取りをして私は元来た道を戻りだす。
    ”いい事した”気分でにやけてくる。
    特にオチは無いです。
    たまにはいいヒトぶって心のトゲトゲを払おうとしてみるのです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    チェブラーシカ大作戦?

    おなかがへったから、オレンジを食べてたんだ。
    そしたらね、気がついたらロシアだったんだ。

    001
    こぐまのようだし、おサルのようにも見えるけど、見たこともない不思議で可愛い動物、チェブラーシカ。
    チェブラーシカってのは“ぱったりたおれ屋さん”という意味なんだって。
    ロシアではキオスクのような場所でもグッズが売られるほど有名なキャラクターです。
    ハンドパペットだけじゃなく、色々集まっちゃいました。

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    « 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »